リーゼガング現象におけるMatalon-Packter則について、異なる実験条件の値を標準化することが可能であると示した論文がアメリカ化学会(ACS)のJ. Phys. Chem. B誌に受理されました。